《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック

《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック


《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック
レーシックの手術が終わった後に使用される点眼は、少量ですが体内の赤ちゃんに吸収されてしまう可能性もあります。
なのでどんなにレーシックが可能と言いましても、妊娠中には避けるべきだと言えます。 仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。
レーシックの手術自体は、妊娠中や出産した直後でも、十分に受けることは可能となっているのです。
しかし、基本的にどのクリニックに行ったとしても、妊娠中や出産直後の方のレーシック手術は断られてしまうことがあります。

妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません。
授乳が終わった時期に落ち着いてからレーシックの手術を受けるようにしましょう。




《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシックブログ:17年09月22日

極度にご飯を減らしたり、
「○○抜き」のように制限の厳しいシェイプアップを続けていると、
からだから不快なにおいを感じることがあります。

この「シェイプアップ臭」は
からだの危険を教えてくれる警告のようなもので、
自覚するようになったら要注意!
今のシェイプアップ法を見直す必要がありますよ。

シェイプアップ臭は、
無理なご飯制限が原因だと言われています。

まず、
胃がからっぽの状態が長く続くと、
唾液の分泌が低下し、口臭の原因になります。

そして、
急激なご飯制限で、
エネルギー源である糖質が入ってこないと、
からだの脂肪を代替エネルギーとして利用します。

そのときに分解された脂肪酸や、
発生した乳酸がにおいの原因になるのです。

汗や皮脂とともにからだの外に出ると、
脂っこいような、汗臭いようなにおいを発します。

さらにエネルギー不足の状態が続くと、
代謝がうまくいかなくなり、
ケトン体という物質が血液中に増えていきます。
これも強烈な匂いの原因となり、
からだから甘酸っぱいツーンとしたにおいを放つようになります。

シェイプアップ臭を防ぐには…
ご飯内容を見直すとともに、体操をとり入れ、
カロリー消費と代謝アップをはかりましょう。

糖質はエネルギー源だけでなく、脳の貴重な栄養源。
脳に必要な糖質が不足すると、
代替エネルギーのケトン体が増加してしまい、
においの原因になります。

シェイプアップ中に減らすべき糖質は、
甘いおやつや白砂糖、ジュース、菓子パンなど。
ごはんはしっかり食べるようにしましょう。

ご飯制限だけで痩せようとするのは、シェイプアップ臭のもと。
からだを飢餓状態にするより、
体操によってカロリーを消費し、代謝を高めていきましょう。
《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック

《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック

★メニュー

《レーシック情報》治療費用でクリニックを比較しよう
《レーシック情報》ドライアイでもレーシックを受けられる
《レーシック情報》レーシックの種類によって適正が異なる
《レーシック情報》レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例
《レーシック情報》エキシマレーザーを使用するレーシック
《レーシック情報》角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
《レーシック情報》目の病気や疾患を持っている人
《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック
《レーシック情報》最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)人気沸騰!これがレーシック情報ウェブ