《レーシック情報》角膜の厚みによってはレーシックを受けられない


《レーシック情報》角膜の厚みによってはレーシックを受けられないブログ:14年09月03日


2歳になる男の子は
ちょうど言葉を覚え始めたところで、
その少ない語彙でなんとかしゃべってやろうといつも必死だ。

一週間ほど前のこと。
男の子が
「おかあさん、きょう、ゆーふぉーみた」と語りだした。

あまりの唐突な話に、
俺は高鳴る胸を手で押さえながら
ゆっくりと男の子に問う…

「ゆーふぉーみたの?どこで〜?」

「こうえんで。たんぽぽぐみのゆうすけとーはるきとーさとみせんせいとーみた」

時々語尾を伸ばしては
一生懸命そのときの情景を思い出すように話す男の子は
さらにこう続けた…

「ぐるぐるーって、ぐるぐるーって」

口をすぼめてそう言いながら、
脂肪のたくさんついた小さな手を丸めて円を描いている。

俺はさらに男の子に問う。
「ゆーふぉーに誰か乗ってた〜?」

「うん、のってたよ」

「誰が乗ってたのかな〜?」

おそるおそる聞く俺に
男の子は元気いっぱいに答えた。

「おじさん2ひき!」

抱腹絶倒!もうサイコー!
オモシロすぎて少々記憶が飛んだほど…

一日中、子供の親になって幸せだ!!という
この上ない幸福感を俺はかみしめていた。

翌日、保育園の先生に衝撃の事実を明かされ、
俺の幸福感は至福に変わる。

男の子が公園で見たモノは、工事現場で働く車や人たち。
「ゆーふぉー」ならぬ「ユンボー」で、
確かに作業員の男性が2人乗っていたそうな…

なんというおかしさ!
男の子は笑わそうなんて思ってないから、
それがピュアなおかしさを引き出す。

そして、どんでん返しまでおかしかったから感動すらした。
こんなに自然に、
こんなに心から笑うなんて大人になってからあっただろうか。

俺があんまり笑うもんだから
首をかしげていた男の子も楽しくなってきたようで
ケラケラ笑った。